破折・磨耗した歯の修復

今回は破折・磨耗して歯の神経や血管(歯髄)が露髄しかかっていたわんちゃんの紹介です。

この子の飼い主様はわんちゃんの歯磨きを頑張ってされており、歯磨き中に歯が欠けてぐらつきがあるとのことで来院されました。

来院時には欠けた歯が完全には剥がれ落ちずに残っている状態で、欠けた歯を剥がしても歯石の沈着により歯の状態が不明瞭でした。

飼い主様と相談の結果、歯石も中等度についており匂いも気になるため麻酔下で歯のレントゲン検査、歯石除去、抜歯が必要な歯があれば抜歯を行うこととなりました。

歯石除去前

歯石を取り除く前では歯石の沈着により欠けた歯の詳細な状況がわからない。

レントゲン検査では欠けた歯の歯根は異常がなく保存可能と判断された。

歯石除去後

歯石を除去すると歯髄(歯の中の神経・血管)が薄皮一枚で露出しかかっている状態でした。

わんちゃんの場合、これにより歯を痛がってご飯を食べづらそうにするなどの症状が現れないことがほとんどですが、人間で例えると歯髄が露出しているのですから、物をかんだり水を飲んだりするときには激痛だと思われます。

人間ほど痛みに敏感ではないとはいえ、何かしらの処置が必要と考えられます。

今回当院で行った処置は、欠けた部分を歯科用のレジンで補ってあげることで露出しかけている歯髄を覆い、痛みや感染のリスクを軽減させ、歯を保存する処置です。

歯科用レジンを充填後

\ 症例紹介はこちら /
症例紹介


当院では動物病院で窓口精算できるペット保険(アニコム損保、アイペット、ペット&ファミリー)に対応しております。

関連記事

  1. 猫の膀胱結石(セカンドオピニオン)

  2. ふたばくん♂

  3. 猫の膀胱・尿道結石

  4. 子猫の成長日記④

  5. ロイヤルカナンDライン

  6. 体表にできた腫瘤・しこりの検査・手術

PAGE TOP