いくらくん♂

いくらくんは生後約1か月の時に保護した兄弟のうちの1頭です。

うにちゃん♀と兄弟です。

初めて当院に来たときは、猫かぜをひいていて、皮膚炎があり脱毛もしていました。皮膚検査で皮膚糸状菌症にかかっていることが判明しました。また、糞便検査でコクシジウムが寄生していることがわかり、治療のため投薬をしていました。

今では皮膚も綺麗になり、糞便検査を重ねてコクシジウムの駆虫が確認されています。

性格はとにかく甘えん坊で、抱っこするとすぐゴロゴロ喉を鳴らしてくれます。カフェに入ると真っすぐな尻尾をピンッと立ててお出迎えしてくれます。遊ぶことも大好きな活発な子です。

皮膚糸状菌症とコクシジウムの治療のため兄弟だけで他の猫たちとは隔離していました。
生後3か月の頃に治療が完了し、ようやく他の猫たちと同じスペースで生活し始めましたが、すぐに慣れて距離を縮めることが出来ました!

日々のお手入れとして当院の猫カフェでは毎日のブラッシングと週1回の爪切りを行っています。どちらもとてもいい子にさせてくれます。小さい頃から投薬をしていたので、薬も上手に飲めます。

  • 生年月日:2023/05/08
  • 避妊手術:済(2023/08/03)
  • 混合ワクチン接種:済(最終:3回目 2023/09/06)
  • 猫エイズウイルス(FIV):陰性
  • 猫白血病ウイルス(FeLV):陰性
  • 便検査:済(異常なし)
  • ノミ・マダニ・フィラリア予防:毎月実施
  • トイレの失敗がない:〇
  • 異物接種する癖がない:〇
  • その他:コクシジウム→完治、真菌症(糸状菌)→完治

関連記事

  1. 猫の歯石除去・抜歯の症例(歯槽骨の骨融解)

  2. 三毛子ちゃん正式譲渡決定!

  3. 黒猫を保護しました!

  4. うにちゃん♀

  5. 胃切開による異物摘出(大量の胃内異物、ひも状異物)

  6. 保護猫を受け入れました

PAGE TOP